ガラスとアクリルの違い

大阪 写真フレーム 額装

写真をダメージから守るため、フレームの最前面にはアクリル、またはガラスを入れます。それぞれ、どう違うのでしょうか。


アクリルとガラスの違い

 アクリルの特徴ガラスの特徴
重さ軽い重い
破損割れにくい割れやすく、二次被害の可能性がある
表面のキズつきやすいつきにくい
平面性たわみが生じることもあるたわまない
静電気帯びるためホコリが付着しやすい殆ど帯びない
紫外線の透過ガラスに比べ少ない透過しやすい

ガラスは大きなサイズになればなるほど、より割れやすくなりますので、小型の作品でどうしても静電気を避けたい場合などでしかおすすめいたしません。鑑賞者および作品自身の安全面から、アクリルの仕様をおすすめいたします。

フレーム

アルミフレーム

ニールセン12型

ニールセン12型

一言でいうなら、どんな写真にも合う大定番。それがニールセンの12型です。

写真フレーム ニールセン 額装

ニールセン33型

スーパー・スリムな「見え幅5mm」のニールセン33型です。

大阪 写真フレーム 額装

ニールセン117型

大きな写真を引き立たせたいなら、ぜひニールセンの117型をどうぞ。

木製フレーム

大阪 写真フレーム 額装

「ナダール」フレーム

マット(台紙)なしでフレームいっぱいに、写真を飾ることができるオリジナルフレームです。

紀州ひのきフレーム

紀州ひのきフレーム

ひのきを活かした仕上げが、写真にやさしい雰囲気とぬくもりを与えます。

オーダーメイドフレーム

ご希望の形、色、サイズにあわせて1点からお作りすることができます。

事前にご連絡のうえでソラリスに直接お越し頂けましたら、実際のサンプルをご用意してるほか、マット採寸など額装のご相談にも乗らせて頂きます。額装が初めてという方も、安心してお気軽にご相談ください(無料)。

ご注文に関してご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

ギャラリーソラリス

OPEN:11:00〜19:00(月曜休廊)
TEL 06-6251-8108 MAIL hello@solaris-g.com

6/26(月)〜7/3(月)の間、 ギャラリー営業・額装のご依頼はお休みとなります。詳しくはこちら