【おすすめ情報】OSAKA PHOTO WEEKSが開催されます

【おすすめ情報】OSAKA PHOTO WEEKSが開催されます


現代美術を身近に触れるためのギャラリーウィークとして、大阪の現代美術ギャラリーが連帯し、写真や映像をテーマに、今一押しの作家の企画展を開催するイベント「OSAKA PHOTO WEEKS」が、今年初開催されます!

OSAKA PHOTO WEEKS

会期は、7/24(金)〜8/9(日)。10のギャラリー・アートスペースにて開催となります(ギャラリーによって開催期間が異なります)

◆ OSAKA PHOTO WEEK 概要

会期(2015年)内容会場
OSAKA
PHOTO
WEEKS
参加
ギャラリー
7/25(土)-8/16(日)
*月休
伊丹豪『RODIN / starman』中之島バンクス de sign de >
7/14(火)-8/1(土)
*日・月休
(7/20除く)
仲田絵美『仲田絵美×赤々舎「写真集ができるまで 仲田絵美『よすが』編」』Calo Bookshop & Cafe
7/25(土)-8/8(土)
*日・月休
今村遼佑、大洲大作、前谷康太郎『光路』SAI GALLERY
7/21(火)-8/8(土)
*日・月休
三田村陽『hiroshima elements』サードギャラリーAya
7/28(火)-8/8(土)
*日・月休
勝又公仁彦『Hotel's Window 光さす部屋』橘画廊
7/16(木)-8/6(木)
*日・祝休
森栄喜、工藤司『ウェディング・ポリティクス』シェ・ドゥーヴル
7.18(土)-8.28(金)
*日・祝休
(8.9-16夏期休廊)
柴田敏雄『The Red Bridge』Yoshiaki Inoue Gallery
7.24(金)-8.8(土)
*水・日休
三宅砂織『THE MISSING SHADE』FUKUGAN GALLERY
会期調整中須藤絢乃『幻影』会場調整中
(ピクチャーフォトスペース : Viewing Roomが開催)
6.30(火)-8.1(土)
*日・月・祝休
山下耕平、須賀悠介『The Glory (of phenomenon) : ActⅠ』TEZUKAYAMA GALLERY
周辺の
美術館情報
7.25(土)-8.30(日)
*会期中無休
堂島リバービエンナーレ2015『テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー  – 同時代性の潮流』堂島リバーフォーラム
7.25(土)-9.23(水祝)
*月休
(9.21除く)
ヴォルフガング・ティルマンス国立国際美術館

う〜ん、豪華な顔ぶれですね!それに加えて、一番離れている同士のTEZUKAYAMA GALLERYと堂島リバーフォーラムでも、自転車で30分あれば移動できる距離なので、1日でぐるっとアクセスしやすいのも嬉しいところ。

これとこれ見に行こうではなく、これはぜひ全部ぐるっと回るのが正解!でも1人でまわるのはちょっと、というアナタにはさらに朗報。

8/1(土) には、主催者と一緒に、フォトウィークに参加しているギャラリーを地下鉄と徒歩で巡るギャラリーツアーも開催されるそうです(定員:20名、参加料:500円、事前予約制)。

そのほか各スペースにて、展覧会の関連イベントも開催されるようです。

詳細はOSAKA PHOTO WEEKSのWEBをご覧ください。