山本穂高 写真展

 

「季節の群像 〜season portraits 2018〜」

2018年116日(火)〜121日(日) 11:00〜19:00 入場無料

1月20日(土)トークイベント、クロージングパーティー開催予定

山本穂高「季節の群像 〜season portraits 2018〜」

フィルムカメラによる「多重露光」という技法を用いた作品展です。今回のテーマは近年取り組んできた「ポートレート多重」。様々な女性たちの個を生かしつつ、日本の四季の題材とを融合させました。多重露光を軸に、様々なフィルム、現像方法、自ら考案したアナログならではのテクニックを余すところなく織り交ぜています。デジタル合成ではない、アナログでしか味わえない幻想的な群像劇をぜひご堪能ください。

■ 作品形態

カラー及び白黒プリント
90cm×60cm 1点、
60cm×40cm 3〜4点、
A3 約20点(予定)

■ 山本穂高 略歴

1974年生まれ 岐阜県出身
2000年頃よりカメラマン、グラフィックデザイナー、ラボマンとしてのキャリアを積む
2012年 世界最優秀ロモグラファー2位
2013年 個展「Dream or Reality? in Malaysia」(マレーシア)
2013年 個展「Dream or Reality? in 名古屋」(名古屋)
2013年 山本穂高トイカメラ教室(名古屋)
2014年 個展「Dream or Reality? in 自由が丘」(東京) 2014年 ワークショップ「多重露光の楽しさを体験しよう」(名古屋) 2015年 個展「Dream or Reality? in 大阪」(大阪)
2015年 世界最高ロモグラファー8位
2016年11月 写真教室「山本穂高による『多重露光』講座」(大阪)
2016年 ロモグラフィーコンペティション審査員選出 2016年 ロモグラフィーの「2016年の最も人気の写真」に選出
2017年3月 個展「幻想組曲」(大阪)
2017年3月 写真教室「山本穂高による『多重露光』講座」(京都)
2017年4月〜6月、11月 写真講座「フィルムカメラで撮る!幻想的な多重露光」(京都)
現在、国内外問わず展示活動、写真教室、記事執筆等を幅広く行う