星名孝一 写真展「北海道最果て紀行」

 

2016年89日(火)〜821日(日) 11:00〜19:00 入場無料

※8月15日(月)休廊

大学時代から撮影のために通い続けている、私の心のふるさと、北の大地・北海道。
どこまでも青空が広がり、澄んだ風の音を感じる春。
雄大な緑一色の大地、色彩豊かな花々が咲き乱れる爽やかな夏。
森からエゾ鹿やエゾリスが顔を出し、生命の豊かさを感じる秋。
地吹雪で真っ白に包まれ、大自然に対し畏怖の念を抱く冬。
そんな「北の大地」の道東(釧路・根室地方)や道北(稚内・北オホーツク地方)を中心に
独特の最果て感や寂寥感をフィルムに収めました。

◉作品形態:カラー ワイド四切サイズを中心に15点程度(予定)

◉主な使用機材:PENTAX 645N、Canon T90/T70

◆ 星名孝一 略歴

1968年生まれ 大阪府出身
1986年 大学1回生の夏に初めて渡道、雄大さに感銘を受ける
現在、民間企業に勤務の傍ら、時間を見つけては撮影に励む

星名孝一
星名孝一