2ヶ月・全6回コース

モノクロ暗室の写真教室で、

撮影からフィルム現像〜プリント〜仕上げまで、

モノクロ写真を自分の手で創りあげてみませんか。

ただいま2018年 1〜2月(土曜・夜)受講生の受付中です。

「モノクロ暗室の写真教室」は写真ギャラリーのソラリスが開催している、モノクロ写真の暗室ワークを体験する教室です。

モノクロフィルムの現像から、暗室でのプリント、そして仕上げまで、いちから自分の手で創り上げる写真教室です。

*NADAR/OSAKAが主催していた「モノクロ暗室プリント体験写真教室」と、開催内容・講師は同じです。

期間:2ヶ月(全6回)

定員:4名

料金:32,400円(税込)

会場:solaris

ひとつのコマから生まれる無限の可能性

同じコマからでも、焼き方が変われば様々なプリントができます。そんな無限の可能性のなかから、「自分はどんなふうに世界を見ていたのか」を見つけ出したり、時には作りこむこともできるのが暗室の醍醐味。どんなプリントが自分にとって正解なのか、暗室の中で一緒に見つけましょう!

赤い光のなか、像が浮かび上がる感動
大阪 モノクロ暗室 写真教室

赤い光の中、像が浮かび上がる瞬間。お気に入りの写真が一枚の紙になった時の感動。それは体験した人にしかわかりません。決してむずかしい内容ではありません!ほんの少し踏み込むだけで写真も、写真を見る目も変わりますので、楽しみにお越し下さい。

初めての方でもご安心ください
モノクロ暗室

わからないことがあっても、こんなことがわからないのは私だけでは?という不安で、ついつい質問しそびれること、ありませんか? この写真教室は講師との距離も近いし少人数制ですので、質問がしやすい環境です。わからないことがあればみんなで共有しましょう!

 カリキュラム

第1回

モノクロフィルム現像

第2回

コンタクトプリント

第3、4、5回

フィルターワーク
覆い焼き・焼き込み
作品制作

第6回

仕上げ(スポッティング+額装)

写真教室が終わったあとは、修了展を開催!

モノクロ暗室の写真教室 2016年後期修了展

写真は人に見せてはじめて広がっていくもの。写真教室が終わったあと、受講生のみんなで展示を経験できるグループ写真展「モノクロ暗室の写真教室 修了展」を開催します(2月、または8月に半年ごとの開催予定)。参加費は、受講料に含まれております。展示方法やプリント方法など修了展については授業の中で説明させていただきます。

 授業スケジュール

第1回
1/20(土)19時〜
第2回
1/27(土)19時〜
第3回
2/3(土)19時〜
第4回
2/10(土)19時〜
第5回
2/17(土)19時〜
第6回
2/24(土)19時〜

*時間は各回 約2〜3時間を予定しています
*天候など都合により、日程が一部変更になる場合があります。
*お客様のご都合でお休みになられた場合の補講はございません。
*定員に達し次第募集を締め切りとなります。定員に達しない場合は、開講日前日まで募集を継続します。

 ご用意いただくもの

fuji acros 100
◉第1回目のみ

撮影済のFUJIFILM「ACROS 100」35mmフィルム 1本

未現像のまま、お持ち下さい。

◉すべての回

エプロン、もしくは汚れてもいい服装

 講師紹介

橋本 大和

ソラリス代表。現在、作家活動とともに写真に関する展覧会、セミナー、イベントに従事。カラーネガフィルム、モノクロフィルムともに自家現像・自家プリントしています。フィルム・暗室関連ではこれまで「ビタミンCを使った、環境に優しいモノクロ現像WS」、「カラー暗室の体験WS」、「ワタナベカメラのミニラボ体験WS」、「オールナイト暗室」などを開催。暗室のモットーは「清く、正しく、美しく」。

◉ お申込みはこちら

◉ お問い合わせ先はこちら

 hello (@) solaris-g.com

 

 06-6251-8108

 

営業時間 火〜日 11:00〜19:00

*受付時間外、定休日にいただいたお問い合わせにつきましては、翌営業日以降のお返事となります。ご了承ください。

◉ 迷子メールについてのご案内

お申込み・お問合せ頂いたメールには必ずご返信させて頂きます。もしご返信のない場合、ソラリスに「メールが届いていない」または「メールは正常に届いているが当方からの返信メールが届いていない」可能性がございます。当方からのご連絡が確認出来ない場合は、お手数お掛け致しますが迷惑メールフォルダをご確認の上、一度お電話にてご連絡いただけますと幸いです。