パイソン中村 写真展

 

「裸の女。その壱」

2017年919日(火)〜101日(日) 11:00〜19:00 入場無料

※9/25(月)休廊

過去でも未来でもなく、女の刹那的瞬間を捉えたい。その思いで始動したヌード写真展【裸の女。】シリーズ。第一回目となる今回は計四名の裸体をお披露目。着飾った上辺だけの姿より、剥き出しの心と肉体こそ美しい。所謂”欲情”こそ人間の本質。誰もが何かを演じ、普通の日々を当たり前のように送り続ける。それが世の秩序。だけれど、その裏に潜む愛欲に目を背けたくはないんだ。

瞳、乳房、刻まれた皺、伝わる鼓動…彼女達の肉体から何を感じるのか?確かなのは、肉体により紡がれたそれぞれの今が存在するということ。どんな偉人でも女の裸の前では腑抜けになるだろう。屈強な兵士だって女の裸を前にしては銃を下ろすだろう。君の傍にいる子供の笑顔だって女の裸があるから存在する。そう、この世は女の裸を中心に回っている。

■展鑑賞者及び保護者の皆様
本展では女性のヌードを含む作品が展示されています。18歳未満および不快に感じる方はご遠慮ください。

・作品形態:
モノクロ 40cm×50cm 19点

 

・略歴
1977年生まれ 大阪府出身 元風俗情報誌編集部 現在マニア向け情報サイトを管理
フォトグラファー、ビデオグラファー、ライターとしてアングラの世界を中心に活動