【オンライン+対面による写真教室】育緒フィルム写真ゼミin大阪(2022) 開催のおしらせ

【オンライン+対面による写真教室】育緒フィルム写真ゼミin大阪(2022) 開催のおしらせ

\2022年11月から隔月・全6回(日曜・昼)開催!/

育緒さんを講師に迎え、オンライン授業+対面授業による「全6回+修了展のフィルム写真ゼミ」を開講します。

2022年11月〜2023年9月生のお申し込みをただいま受付中です。

セイリー育緒 ソラリス

人に写真を見せることは、自分の写真を客観的に見られるようになるためにも大切なこと。毎月の写真を持ち寄り、育緒さんからの講評や、お互いの感想や意見を交換することで、きっと新たな展開が起こると信じています(授業は、ソラリスに集まって行う対面授業を基本としながら、コロナなどの状況に応じてZOOMによるオンライン授業をミックスして行います)。

フィルム写真であれば、モノクロ・カラー、年齢・男女・経験は問いません。また、修了生は「ソラリス」で作品展示[2023年11月頃予定]を行います(修了展参加費はゼミ受講料に含まれています)。

今からフィルム写真を始める方もぜひ!熱意ある参加者を待っています!

育緒

いろいろな写真ゼミがありますが、私のゼミは写真以外のことと写真との境を無くしていくような傾向があります。よく考え、その考えが無意識に写真に反映されるのを気長に待つような進め方です。まず自分の心が開かないと写真も開いていかないと思っている人にはとても役に立つゼミだと思います。

構図というものに良し悪しや正解はありませんが、あざとい/あざとくないを感じ取る素地が身につくと、撮る力や見る力がブレなくなります。今までの自分の写真を疑えるだけ疑い、そこを出発点にして可能性を開いていきましょう。

講師 - 育緒
フィルムカメラのレンタル

フィルムカメラのレンタルも

これからフィルムを使ってみたい、フィルムカメラを買いたいけどどれを買っていいかわからない方には、フィルムカメラのレンタル相談にも乗ります(生徒さん対象)。

まずはお気軽にご相談ください。

受講生・斎藤綾さんの作品はこちら

育緒ゼミで写真を学ばれた斎藤綾さんは、ゼミと修了展を経て、初めての個展を開催しました。

春になると必ず、どうしたら人と違う感じで桜を撮れるんでしょうかと聞かれる。名所の共有物として咲く花にカメラを向けている限り、人と違う花は写らない。テクニックも機材の質も関係ない。思いめぐらせてみれば、近所にある地味な桜こそが、自分に季節を運んで来てくれる存在ではないのか。

帰り道の角にあり、通り過ぎながら見るだけの桜。斎藤綾さんはそれを置き去りにせずじっと見つめ、撮っていた。ハッとする世界観だ。彼女は物や人自体を写すのではなく、物と物、人と人の間にある無の空間に色を差していくような撮り方をする。フィルムでしか引き出せない深みにも手が届いている。

作品さえあれば展示や作品集ができるわけではないので、こんな風にやってみるといいよ、というアドバイスをたくさんしたが、それは最初で最後の「初」個展が、作家にとって今後の礎になることを痛いほど知っているから。壁面2つで構成した、深みのある緑が美しい12枚の作品は彼女がフィルムから手焼きしたカラープリント。いつまででも見ていたい、独特の世界観です。

育緒

育緒のフィルム写真ゼミ・大阪 2022-2023

開催日・第1回 11/27(日)14:00〜16:00
・第2回 01/22(日)14:00〜16:00
・第3回 03/19(日)14:00〜16:00
・第4回 05/21(日)14:00〜16:00
・第5回 07/23(日)14:00〜16:00
・第6回 09/24(日)14:00〜16:00
・展覧会 2023年11月予定

※隔月1回 ×6回(各回 120分)+修了展
※天候など都合により、日程が一部変更になる場合があります。
※お客様のご都合でお休みになられた場合の補講はございません。
回数全6回+修了展
講師育緒
受講料44,000円(税込・修了展代含む)
定員12名(先着順)
※定員に達し次第募集を締め切りとなります。
初回の持ち物・現在までに撮影した写真(単写真、組写真どちらでも可)
・筆記用具
・制作経験のある方は作品集
授業についてオンライン+対面による授業形式としていますが、
・通常はソラリスにて対面での授業となります
・コロナなどの状況に応じて、ZOOMで授業を行う場合があります

育緒(Film Camera Revival 代表)

セイリー育緒さんのフィルムカメラ・ワークショップ「MY TRIP35をつくろう」

京都市生まれ。東京、メキシコシティ、ハリウッド、サンフランシスコなどに暮らし、現在は東京在住。フィルムカメラを取り入れたユニークライフを提案するFilm Camera Revival代表。写真家としての活動のほか、カメラ修理士としても活動をしている。2007年に土門拳文化賞を受賞。写真集に「Whiskey drinking troubadour/酔いどれ吟遊詩人」(窓社)。

 お申し込みはこちら

2022年11月〜2023年9月生のお申し込みをただいま受付中です。

◉ お問い合わせ先はこちら

 hello (@) solaris-g.com

 06-6251-8108

営業時間 火〜日 11:00〜19:00

*受付時間外、定休日にいただいたお問い合わせにつきましては、翌営業日以降のお返事となります。ご了承ください。

◉ 迷子メールについてのご案内

お申込み・お問合せ頂いたメールには必ずご返信させて頂きます。もしご返信のない場合、ソラリスに「メールが届いていない」または「メールは正常に届いているが当方からの返信メールが届いていない」可能性がございます。当方からのご連絡が確認出来ない場合は、お手数お掛け致しますが迷惑メールフォルダをご確認の上、一度お電話にてご連絡いただけますと幸いです。