女性のための写真教室・講師 中田絢子さんのご紹介

女性のための写真教室・講師 中田絢子さんのご紹介


ソラリスが開講する「女性のための写真教室」は、その名の通り、先生も生徒も女性のみの写真教室(カメラ教室)です。

女性がもっと気軽に参加できてノビノビと写真を楽しめる、そんな教室があったらいいなと思い、スタートしました。

そんな写真教室の講師を担当するのが、フリーカメラマンとして活躍する中田絢子さんです。 今日はそんな中田さんをご紹介!

中田絢子

中田さんは普段お仕事ではどんな写真を撮られているんですか。

中田: 仕事では、スタジオで人物の写真を撮っているほか、出張で家族写真を撮ったりもしています。

仕事の写真は、人生のお手伝いができるというところが好きで、被写体となる人のいいところを見つけてポジティブになってもらえるところが幸せです。

仕事以外では、街を歩いてる時に見つけられる日常のスナップを好きで撮っています。人の気配や生活感のあるものに魅力を感じることが多いなって思います。

中田絢子

そんな中田さんにも「カメラを始めた頃」がありました。

中田: 高校生の頃なんですけど、

町のギャラリーを借りて、美術部と写真部の友だち数名でグループ展をしました。そのとき、写真部の友だちの作品を見て驚いたんです。

何に驚いたんですか??

中田:それまで写真っていうと、いわゆるピースしたりとか、そういうイメージのものだったんですけど、そのとき飾られていたのは暗室で焼いたモノクロの写真で、同級生の女の子がホースを掴んでる手元で、光と影が印象的な写真でした。写真てこんなのを撮ってもいいんだと驚いたんです。

それで私も撮りたいと思って、家にりぼん(少女漫画雑誌)のプレゼントでもらったプラスチックのカメラがあったので、それで写真を撮り始めました。そうするうちに父が使っていない一眼レフをくれて、一眼レフデビューしました!

中田絢子

プラスチックのカメラと、一眼レフは違いましたか??

中田:そのときは使い方がわかっていなかったので、違いませんでした(笑)。でも一眼レフを持ち歩いては、高校生活の放課後や、登下校の道などを撮っていました。授業中も撮ったり(笑)。自分の過ごした学生生活を忘れないようにしたいなって思って、たくさん撮っていましたね。

大学に通うようになって、一眼レフの使い方を学んだんですが、その頃に人の評価を気にしすぎて、「何が撮りたいかわからなくなった時期」もありました。でも、人の評価に恐れず、自分の写真を大切にすることが大事かなと、いま思います。なのでこの写真教室では、カメラの使い方はもちろんですが、生活が楽しくなる、そんな写真との付き合い方をお話したいなと思っています。

中田絢子

中田:最近はSNSなどに写真をアップして、いいね!を押されたり、押されなかったりして(笑)、嬉しくなったり、がっかりしたりということもあるかもしれません。でも写真に大切なのは、いいね!を押してもらうことだけではありません。自分自身がたのしく、心地良いと思えることです。

ぜひあなたの好きな写真を一緒に見つけましょう!

ありがとうございました!

中田さんが講師をつとめる「女性のための写真教室」、ただいま参加者受付中です。

初心者コースは、初心者の方や写真を始めたての方を対象に、 少しとっつきにくいように感じるカメラの使い方から 撮影のコツ、写真の楽しみ方を色々な角度からわかりやすく紹介するほか、 みんなで撮影会や、モノクロ暗室のかんたんな体験などもあります。

あたらしい季節、カメラともっと仲良くなってみませんか? ぜひお気軽にご参加ください。