林 優子 写真展

 

「My Camera + Contemporary Jazz」

2018年130日(火)〜24日(日) 11:00〜19:00 入場無料

2月2日(金)18:00〜19:00、作家によるギャラリートーク《私にとって写真とは?》を行います。
私にとって写真とは?というテーマでギャラリートークを開催致します。長年持ち続けている『ミクロの物体を顕微鏡で見るように、目に見えない物を可視化したい』との思いで自分なりにたどり着いた表現方法、それが写真です。作品が出来上がるまでのエピソードなどを話していきます。どなた様もお気軽に足をお運びください。

【在廊予定日】

1/30(火)、1/31(水)、2/2(金)のそれぞれ16:00〜19:00

 

[ult_buttons btn_title=” ▶ 地図” btn_link=”url:http%3A%2F%2Fsolaris-g.com%2Fcontact%2F|title:%E2%96%B6%20%E5%9C%B0%E5%9B%B3||” btn_align=”ubtn-center” btn_size=”ubtn-large” btn_hover=”ubtn-fade-bg” btn_bg_color_hover=”#eeee22″ icon=”icomoon-map-marker” icon_size=”32″ btn_icon_pos=”ubtn-sep-icon-at-left” btn_border_style=”solid” btn_border_size=”2″ btn_radius=”3″]

プリント制作:クリエイト

林 優子「My Camera + Contemporary Jazz」
林 優子「My Camera + Contemporary Jazz」

音楽という耳から入って感情に強く訴え掛けてくるもの

その中でもここ数年に発表されたコンテンポラリージャズに

私は焦点を当てた。

それは、

ジャズ演奏家の作り出す即興性やリズム、独創性や時代感を

抽象的な表現の写真に置き換えてみたいという

好奇心から始まった撮影だった。

今其処に在る一種の幻想のような光を写し出すカメラ

+

ジャズ音楽

+

自ずと出てきたそれで正しいのか解明されない思考

+

青白い光  曇った光

  動く色   止まった時間

■ 林 優子 略歴

1972年生まれ 大阪府池田市出身
2015年 2月 個展「The Other Side 」(富士フォトギャラリー大阪)
2016年 4月 個展「The Other Side – The Expanded Version -」(富士フォトギャラリー大阪)
2016年 8月 個展「The Other Side」(ニコンプラザ大阪 フォトスクエア)

Share This