和田康平 黒田和男 写真展

「RE-BIRTH」

2019年430日(火)〜512日(日) 11:00〜19:00 入場無料

5月6日(月)休廊

 

在廊予定

 

黒田さんは、4/30(火・祝)、5/1(水・祝)、5/2(木・祝)、5/4(土・祝)、5/5(日・祝)、終日在廊予定です。

【追記】体調不良のため、5/4(土・祝)、5/5(日・祝)は在廊せず、5/11(土)、5/12(日)在廊予定となります。どうぞ宜しくお願い致します。

デジタルとアナログをハイブリッドし、写真表現に取り組んできた和田康平と黒田和男。
2人による、「花」をモチーフとした写真展を開催いたします。

©和田康平

和田康平「花は夜咲く|night flowers」

花は夜咲く

昼間とは違う顔で
どこか怪しく
どこか不気味に
どこか妖艶に
昼間より生命力溢れ

花は夜咲く
誰にも知られずに

©黒田和男

黒田和男「Ballad」

見る人によって違うのが花である。
同じ花なのに、美しさを感じる人もいれば、哀しさや寂しさを感じる人もいる。
祝い事で送ることもあれば、別離の時に送る事もある。

花はショーウィンドーの中の服にも似ている。
その時その時を彩る事もあれば、知らぬ間に消えていく事もある。

切られた花には、妖気と艶やかさが宿る。
子孫を残せない悲しみからなのか
その場で生きていく事を決めたからなのか
限られた時間を美しく生きようするからなのか

なににしろ、それも見ている人の主観であるわけだし
花の本質なんてものは、人にはわからない。

だけど人というモノは、想像力を働かせたり自分を投影したりして
自分なりの花を作ってしまうのだ。

今回は、詩を語るような作品になるよう
撮影や現像に古典技法を活用した。
物語や寓意や過去の出来事を想像してもらえる事と思う。

和田康平 略歴

石川県金沢市在住
2016年10月 大和田良ゼミ(Solaris)参加

 

■ 受賞

2019年1月 Einstein Studio 主催のnewjapanphoto7に掲載

 

■ グループ展・個展歴等

2019年2月 アマチュア写真家集団「APART」を立ち上げる。
金沢市にて,「α会写真展」「ハチミツカメラ」などのグループ展に自らの作品も多数展示。また経営する飲食店においても、北陸在住の写真家や多数の写真集を紹介している。

黒田和男 略歴

京都府京都市在住
2016年10月 大和田良 ゼミ(Solaris)参加
2014年10月 安達ロベルト ゼミ(日本写真学院)参加

 

■ 受賞

2016年6月 準グランプリ:芦屋写真協会写真展 ”road to paris”
2015年11月 9th Salon Daguerre
2015年9月入賞:芦屋写真協会写真展 “road to paris”

 

■ グループ展・個展歴等

2018年11月 個展「Cut flowers」(大阪:ギャラリー・ソラリス)
2016年11月 Galerie Daguerre of Paris
2016年11月 Paris CARAT(パリ電通支社内)
2015年11月 Compilation Exhibition and Live Music 2015 Life 11.27-29(渋谷:アツコバルー)
2015年11月 Galerie Daguerre of Paris

Share This