女性のための写真教室・講師 宇野真由子さんのご紹介

女性のための写真教室・講師 宇野真由子さんのご紹介


ソラリスが開講する「女性のための写真教室」は、 その名の通り、先生も生徒も女性のみの写真教室(カメラ教室)です。

女性がもっと気軽に参加できてノビノビと写真を楽しめる、そんな教室があったらいいなと思い、スタートしました。

そんな写真教室の講師を担当するのが、フリーカメラマンとして活躍する宇野真由子さんです。 今日はそんな宇野さんをご紹介!

宇野真由子

宇野さんは普段どんな写真を撮られているんでしょう。

宇野: 仕事ではお店の取材写真やイベントなどの記録撮影や、結婚式撮影をやっています。仕事で撮るのは、時間とか場所とか、制限があるなかでどれだけやれるかっていうむずかしさと面白さがあって、鍛えられてます!

宇野真由子
宇野真由子
宇野真由子

宇野:それとは別に普段は「光と影」というのを写真を始めた頃から自分のテーマとして撮っています。多分風が気持ちいいのとかと同じで、光きれいだなあって惹かれて撮ります。それと光を見て、この光ってあの頃をおもいだすな〜って、心象的に感じるものがあって。

宇野真由子

そんな宇野さんにも「カメラを始めた頃」がありました。

宇野: 中学生の頃なんですけど、

その頃は北海道に住んでて、まわりの空とか緑とかを撮っていました。それも雲の切れ間からの光とかを撮りたくって、だからもしかするといまも撮りたいものが変わってないのかもしれません。

宇野真由子

初めから上手く撮れましたか??

宇野: 全然(笑)。家に父親の使っていたカメラがあったからそれで撮ってたんですが、すぐに壊れて。家にあったコンパクトで撮ってたけど、なんか違うって。それで中学卒業のお祝いに一眼レフを買ってもらって。

なんだけどやっぱり使い方がよくわからなくって、それでもずっとオートで撮ってて。20歳を超えてやっぱり写真をやりたいな〜と思って、ビジュアルアーツ専門学校に入学して、カメラの使い方を学びました。

それでも私、数字に弱いので(笑)理解するまで時間がかかったんですが、その分、はじめたての方の気持ちもわかると思います!

ちょっとしたことを知るだけで大きく写真は変わる。その人が何を知りたいかに合わせて授業をできたらと思っているので、どんどんぶつけてほしいなって思います!わからないことは恥ずかしいことじゃないので。

宇野真由子

それでは最後に、写真教室に通おうかなと考えている方に メッセージをどうぞ!

宇野: 仕事で撮るようになっても、写真ってすごい楽しいなって思うので、その楽しさを知ってもらう教室にしたいと思っています。一緒に楽しみましょう!

ありがとうございました!

宇野さんが講師をつとめる「女性のための写真教室」、ただいま参加者受付中です。

初心者コースは、初心者の方や写真を始めたての方を対象に、 少しとっつきにくいように感じるカメラの使い方から 撮影のコツ、写真の楽しみ方を色々な角度からわかりやすく紹介するほか、 みんなで撮影会や、モノクロ暗室のかんたんな体験などもあります。

あたらしい季節、カメラともっと仲良くなってみませんか? ぜひお気軽にご参加ください。