向井貴也 バタフライ

向井貴也 写真展

「バタフライ」

2021年97日(火)〜912日(日) 11:00〜19:00

作家在廊予定

9/7(火)、9/9(木)、9/10(金)、9/11(土)、9/12(日)終日在廊予定

「発色のよい餌と、枯渇した風のありさま。覚めない現実と、覚めない夢の、真ん中。蝕む夜の片隅で、皮膚だけが再生する」

向井貴也

地球から自分の存在を見つめると、それは自分が蝶の標本を見るのと等しいことのように感じました。
「自分と出会う前に死んだこの蝶のように、誰かと出会うことなく私も死ぬのだろう、
そしてまた自分も蝶の標本のひとつに過ぎない、私がどう生き死んだところで世界はなにも変わらない。」
そんな感情とともに死を象徴する標本の蝶に対し、やがて形のなくなる自分の、今を生きる自分を重ね制作したのが今作「バタフライ」となります。

 

今作では、自身の「生に対する経験や思想」を作品化するにあたり、撮影した写真のネガに直接指紋で朱肉を押したり、感光を行うなどし、制作をしています。
そこに生まれるイメージには、断片的な瞬間や、言語化できない訴えがあり、それらを捉えることで直接肉体を写すよりも、生々しく、存在した証を形にできると考えています。

 

今展覧会では、それらの作品を「孤独・批評」「生」「刹那」の3つのテーマからなる写真とともに、詩を交えて展示いたします。

略歴

1991年生まれ 大阪府出身
2021年 第81回国際写真サロン U30部門 入選

オンライン・ビューイング

WEB上で展覧会の雰囲気をご覧いただけるオンラインビューイングを公開しております。写真展の楽しみは会場でしか味わえないものもありますが、遠方の方、足を運びにくい方もぜひこちらから展覧会の雰囲気をお楽しみいただけますと幸いです。

なおオンラインビューイングの公開は、会期初日〜会期最終日までの予定です。